本文へスキップ

病院案内clinic guide

病院長メッセージ

院長 菅原和夫

 医療法人慈仁会 尾野病院は、青森県五所川原市(旧金木町)にある、介護療養病床101床を有する病院です。
 昭和30年の開設以来、「患者さんに安心で快適な療養生活を」を基本理念とし、五所川原市・金木地区を中心に、中泊地区・市浦地区・中里地区・つがる市(稲垣地区・車力地区)の皆様のニーズに応えるように療養環境を整えてまいりました。
 
これからも、地域の皆様に「安心で快適な療養生活」を送っていただくように、職員一人ひとりがお年寄りのお世話に特化したスキル・経験を活かして、入院生活の質の向上に努めてまいります。

事業者

設置者の名称 医療法人慈仁会 尾野病院
運営代表者名 理事長  菅原 和夫
所在地 青森県五所川原市 金木町朝日山453

事業の目的

この事業は、医療法人慈仁会が開設する尾野病院が行う指定介護療養施設サービスの適正な運営を確保するために、人員及び管理運営に関する事項を定め、病院の管理者や従業員が、介護状態にある高齢者に対し、適正なサービスを提供することを目的とします。

運営の方針

  1. 長期にわたる療養を必要とする要介護者に対し、施設サービス計画及び栄養ケア計画に基づき、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の必要な医療を行うことにより、その利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう目指します。
  2. 利用者の意思及び人格を尊重し、常に入院患者の立場に立って介護療養施設サービスの提供に努めます。
  3. 地域や家庭との結びつきを重視した運営を行い、市町村、居宅介護支援事業者、居宅サービス事業者、他の介護保険施設、その他、保険医療サービス又は、福祉サービスを提供者との密接な連携に努めます。

沿革

 医療法人慈仁会 尾野病院 沿革
昭和21年 4月  尾野医院を個人事業で開院
金木町南新町にて
昭和30年 7月 医療法人 慈仁会 設立 認可される
昭和30年12月  医療法人慈仁会 尾野病院 開設
金木町朝日山453
院長 尾野 正二
ベット数  109床
診療科標榜−内科・小児科・外科・産婦人科
昭和35年10月 入院患者満床となる
昭和38年10月 ベット数 109床 (一般50床 結核59床)
昭和41年10月 ベット床 109床 (一般30床 結核79床)
昭和44年10月 ベット数 109床 (一般79床 結核30床)
昭和50年10月 ベット数 135床に増床(一般115床 結核20床)
  結核患者減少、老人医療費無料になる 
入院患者の急増、収容施設の不足
昭和53年10月 尾野病院 増改築
ベット数 150床
昭和61年 3月 産婦人科廃止
平成 5年12月 制度改革により特例許可老人病院となる
ベット数 150床
平成12年4月より 介護保険導入
療養型病床群へ移行
ベット数 114床
診療科目追加−皮膚科・整形外科

医療法人慈仁会 尾野病院医療法人慈仁会 尾野病院

〒037-0202
青森県五所川原市金木町朝日山453
TEL 0173-53-2071

スマートフォンサイト

携帯サイトQRコード
医療法人慈仁会 尾野病院 携帯HP http://www.ono-hospital.com/mobile/index.html